髪の毛は食べたものでできている

髪の毛は食べたものので作られています。

東洋医学において、髪は「血余」と呼ばれており、読んで字のごとく、余った血のことを意味しています。
髪の毛は、体の器官の中では、優先度が低い部位らしく、最後の余った栄養が回されるのだそうです。

 

 

 

 

よく筋トレなどをする方であれば分かると思いますが、筋肉は食べたものでできますよね。
運動前や運動後にはタンパク質の補給をすることが、効率良く筋肉をつけるための常套手段です。

 

 

僕もこの点を筋トレしている人たちから取り入れて、髪の毛の材料であるタンパク質を効率よく補給するために、プロテインを飲むことを日課にしております。

一日に摂取するべきタンパク質のは、筋トレをしない普通の人で、体重×0.001gが必要だと言われております。

例えば、体重60kgの人であれば、60gのタンパク質が必要になるわけです。

 

おそらくはほとんどの人はこの量のタンパク質を一日に摂取できていないと思います。

ご自分の体重から必要なタンパク質量を割り出して、本日食べたもののタンパク質量を確認してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ラーメンやチャーハンといった脂肪と糖が大量に含まれているものばかりを食べている人は、
食生活を見直した方が絶対にいいと思います!

髪の毛を作る材料がほとんど含まれていませんからね。

本気でハゲ予防をしたいのであれば、髪にいいものを食べましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*