人気YouTuberのステハゲから学ぶ!ステハゲの驚異的な毛量

どうもハゲタクです。

 

みなさんはYouTubeは視ていますでしょうか。

当ブログの管理人であるハゲタクは昔からメンタリストDaiGo氏のパフォーマンスを楽しんでいたこともあり、現在では彼がYouTubeに動画を挙げる関係でYouTubeを視聴するようになりました。

TVで芸能活動を頑張っていた人がYouTubeに活躍の場を移したりしているので、いまやYouTubeは完全にTVに取って代わられた感がありますよね。

 

そんな中で私ハゲタクはある一人のYouTuberの存在が目について離れませんでした。

そんな彼の名は「ステハゲ」です。

今回は「人気YouTuberのステハゲから学ぶ!ステハゲの驚異的な毛量」というテーマで記事を書かせていただこうと思います!

 

※ステハゲ氏の画像は肖像権の関係で載せることができないので、気になる方は自身で検索して調べてみてください!


圧倒的な毛量!ステハゲという男

YouTuberとしてのステハゲ氏は、2019年6月14日現在で約90800人のチャンネル登録者数を抱えている中堅YouTuberです。

もう少しで10万人届くかもというところまで迫っており、数字的には中堅ではあると思いますがその影響力は決して小さくはないだろうというレベルにまで達していますね。

 

簡単なプロフィールとしては以下のようなものになります。

名前:ステハゲ(地元でのあだ名)

1995年6月25日 神奈川県川崎市生まれ

2014年3月 神奈川県立鶴見高校卒業

2014年4月 大東文化大学 スポーツ・健康科学部 入学→3か月で辞める

2015年?月 Liverpool John Moores University Engineering,Computing and sciences Foundation year 入学→1日で辞める

2016年4月 中央大学 商学部会計学科 入学

 

現在に至る

 

このような経歴を辿っているようです。

日本の大学を3か月で辞めるという思い切りもすごいですが、それ以上に海外に留学しておいたのにそれをも僅か1日で辞める決断力というものが本当に潔くて素晴らしいと思います。

まあキャラクターづくりのために多少盛っている部分もあるかとは思いますが、海外留学しといて辞めたという部分はさすがに嘘ではないと思うので、素直にすごい行動力だなぁと思います。

その後はMARCHの一角をなす中央大学に入学して現在に至っているので、かなり回り道にはなってしまったようでしたが結果的に高い学歴を入手することができたのでこのまま頑張って卒業してほしいと思います。

(現在大学側と揉めてしまっているようですが・・・)

 

そしてステハゲを一目見て我々はきっと思うことでしょう・・・。

髪の毛、多ッ!!」と。


ステハゲの髪の毛を勝手に分析してみる

ステハゲを実際に診てわけではありませんが、勝手ながら彼の毛量が非常に多いという点を分析させていただこうと思います。

 

まずステハゲは、髪の毛以外にもヒゲが濃かったり、も野太かったりしていますよね。

まさに1995年生まれとは思えない外見・声。

「ヒゲが濃いこと」や「声が太くダンディであること」が併発しているということは、俗に言うテストステロンが活発に働いてくれていることが原因であることが最も可能性として高いです。

おそらくこの年代の男性の中ではその分泌も高い方の部類に入ると思います。

 

そしてこのブログでもおなじみのテストステロン。

モテホルモン」とも言われていたりしますね。

このテストステロンが多い人は少ない人に比べ、髪の毛が太くなり、筋肉も付きやすくなり、自信も向上するため、男により磨きがかかり男としての魅力度が上がると言われています。

ステハゲ氏も「キモキャラ」としてYouTubeでは自分を売っている部分があるので彼の動画を見ただけでは彼がモテるだなんて考えはみじんも浮かばないかもしれませんが(失礼)、冷静に何の事前知識がない状態で彼の存在を見てみると男として魅力的であるような気がしませんでしょうか(気のせい?)。

いずれにせよ科学の世界では、彼は女性を引き付ける要素を複数兼ね備えていることになるのです。

モテ要素の一つとしての豊富な毛量というものがあり、またその要素の根源としてモテホルモンである「テストステロン」の豊富な分泌があるわけなのです。

 

ただこのテストステロンは、正常に分泌されているうちは非常に嬉しむべきものなのですが、分泌が乱れてしまうと厄介な存在になってしまいます。

例えばホルモンバランスが乱れてしまい、テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)へと変換されてしまうとその時からハゲスイッチがONになります。

DHTには髪の毛の脱毛促進作用があります。

豊富なテストステロンが多量なDHTに変換されてしまうことにより、今まで太くてたくましかった髪の毛は一気にすぐに抜けてしまうような弱弱しいものになってしまいます。

こうなるともう悪夢の始まりですね。

「若いころは剛毛だった」というハゲ・薄毛の人の話をたまに聞く時がありますが、おそらく理由はこれです。

なのでもしも「剛毛だから将来ハゲない」なんて自信をあなたが持っていて、ハゲ・薄毛が自分とは無縁の物語であると思い込んでいるようでしたら、このような理由によっていきなりハゲスイッチがONになってハゲてしまう可能性がむしろ高いということをしっかりと胸に刻んでおくようにしてください。


勝手に分析したステハゲから、ハゲ・薄毛対策を学ぶ

以上のように、「剛毛であるからハゲ・薄毛とは程遠い人生を歩むことができる」かといわれれば、決してそういうことはないのです。

むしろ「自分はフサフサの剛毛だからハゲない」なんて高をくくっていることにより、いざハゲたときのメンタルへのダメージがより強烈になってあなたに襲い掛かってくることも容易に考えられます。

そうなってくると精神的にも病んでいってしまい、ハゲのスパイラルに陥ってしまいます。

先日「ハゲることでおこる様々な精神的不都合」についてを記事にさせていただきましたが、この苦痛はほとんどの方が想像しているよりも正直キツイと思います。

なのでここでは日常的にホルモンバランスが乱れないよう調整を図ることが非常に大切になってくるでしょう。

 

ホルモンバランスを整えるためにはストレスを溜めないようにしたり、睡眠や食事に気を遣うことが大切になってきます。

繰り返しになりますが仮にあなたが剛毛だったとしても「剛毛でフサフサだから、自分はハゲない」と当事者を持たずにいると、何年か後に怖い目を見ることになりますので、日々の生活で改善できそうな点があれば見直すように心がけてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*