若ハゲだがプロペシアが効かないこともある

どうも、ハゲタクです。

 

本日は「若ハゲだがプロペシアが効かないこともある」というテーマでお話をしていきたいと思います。


プロペシアとは?

プロペシアとはフィナステリドを有効成分としているAGA治療に用いられる薬のことです。

プロペシアの歴史についてはコチラをどうぞ

「AGA治療といったらプロペシア」と思われるほど多くの人に認知されており、ハゲたちの救世主として世に君臨している絶対的な存在ですね。

その絶対的な立ち位置により多くの製薬メーカーがプロペシアのジェネリック品(≒同等品)の製造に手を出していることもまた有名でしょう。

(私ハゲタクも本家本元のプロペシアではなくジェネリック薬品の一つを使っていたりしているのですが、このジェネリック薬品に関してはこの場では言及せずにいたいと思います。)

とにかく、ハゲの治療薬として権威高い存在であり、他の製薬メーカーが模倣をしだすほどの影響力を持っている、それがプロペシアなのです。

 

「プロペシア」の効果を実感するには、ご自身で皮膚科に通って処方されてきてもいいでしょうし、またはプロペシアを実際に服用している人のブログなんかに足を運んで、効果の観察をさせていただくのが最も効率がよいように感じます。

※ただ自分で服用する場合は、ヘアサイクルの関係上最低半年の時間がかかります。

しかしこのプロペシア。

全てのハゲに効くわけではないことをご存知でしょうか

 

ハゲに悩む人の大きな心の支え的存在になるかもしれないプロペシアですが、プロペシアが合わない人がいくら服用したところで結果は皆無。

髪の毛ばかりでなく、薬代もむしり取られてしまう結果に終わってしまう可能性があるのです。

 

具体的にどういったことなのか、確認してみましょう。


プロペシアが効かない人とは?

そもそもプロペシアとは(もしくはその有効成分であるフィナステリド)とはどういった成分なのでしょうか。

フィナステリドとはもともと男性に特有の病気である前立腺の肥大症に対する治療薬を開発する過程の副産物として生まれた歴史があります。

もともとが薄毛予防の研究のために生み出されたものではないのですね。

 

このフィナステリドというものは、頭皮で分泌されている5αリダクターゼの活動を弱めてくれる働きがあります。

その結果として、テストステロン5αリダクターゼと出会いにくくなるため、結果としてジヒドロテストステロン(DHT)の生成が減少して毛髪の寿命が延びるようになるのです。

※アンドロゲンレセプターとDHTの結合については、過去にハゲ家系の遺伝子とハゲやすさについて書いた記事の方に詳しい記載があるので、よろしければそちらをご参照ください。

※またDHTに関する記事を後日更新させていただいたので、合わせてそちらもご参照ください。

 

もしも5αリダクターゼが大量に分泌されており、テストステロンが大量にDHTに変換されてしまって、髪の毛の寿命が短命になってしまう・・・。

そういったタイプからくるハゲであれば、上記のようなロジックによって髪の毛の延命を図ることが可能になってくるでしょう!

プロペシアを服用することを習慣化していただければ、鏡を見て溜息を吐く毎日とはオサラバです。

 

 

しかし問題はそう言ったタイプではない人達です

ハゲてしまっている原因がDHTではないタイプの人たち、こういった場合はいくらフィナステリドを服用したところで大した効果は見込めないでしょう。

あくまで一例ですが、例えば「亜鉛が不足しているタイプ」の人たち。

こういった場合はフィナステリドを取って薄毛対策をするよりも、亜鉛が体外に流出しないようにするための対策を講じるほうが断然効果があります。

亜鉛とは、5αリダクターゼを抑制するという意味ではプロペシア(フィナステリド)と同じですが、亜鉛には体内におけるタンパク質を合成して適材適所に分配する能力を最適化してくれる役割もあります。

つまりしっかりと摂取したタンパク質やビタミン・ミネラルを、髪の毛に変換して頭皮の毛乳頭にセッティングするためには無くてはならない酵素であるということになります。

亜鉛が不足していると、そういった能力が乏しくなってしまうため、取り入れたタンパク質もしっかりと吸収できずにそのまま体外に排出されてしまうおそれがあるわけです。

亜鉛と亜鉛の対外流出の件についての記事も過去に書いたものがあるので、亜鉛不足が気になる人は是非一読してみてください。

 

他にもストレスだったり、単に栄養不足であったり・・・。

ハゲ・薄毛の原因というものは本当に「コレだ!」という断言ができません。

それこそ十人十色なんですね。

(まぁある程度のパターンに絞ることはできはしますが)

 

なので「プロペシア(フィナステリド)を服用すればハゲは絶対に治るんだ!」と決めつけないようにしてください。

「これを飲めば俺のハゲは治る!」と全てを賭けて服用をしても、仮に髪が生えてこなかったら精神的(金銭的)ダメージが大きくなるだけですからね。

髪の毛が仮に生えてこなくても、今回の記事で説明させていただいた理由があることをあらかじめ理解しておけば、「俺のハゲ(薄毛)が治らないのは、もしかしたら理由が他にあるのかもしれない・・・」と言う具合で思い起こして、そこまで自己嫌悪に陥らずに次への行動がとりやすいです。

仮に自己嫌悪に落ちても、「他の理由が原因である!」と自分を納得させるようにしてください!


補足

フィナステリドは女性や子供が触れられるところには置いておかないようにしてください。

フィナステリドは男性ホルモン(主に5αリダクターゼ)に働きかける成分です。

女性が誤って触れてしまうと、特に妊活中の女性の場合はお腹の胎児に重篤な悪影響が生じてしまう可能性があります。

また子供(特に男児)が触れてしまっても同様の悪影響が及んでしまう恐れがあります。

フィナステリドは皮膚からも一定量は吸収されることが分かっているため、家族や周りの人に影響が出ないように心遣いをしながら服用するようにしましょう。

 

※フィナステリドを女性や子供が触れてしまった際に危惧される悪影響として、「5α-還元酵素欠損症」というものがあります。

それについては下記の記事で詳しく説明させていただいておりますので、興味のある方は一読ください。

●恐ろしい悪夢、「5α-還元酵素欠損症」について

 

※また、今回の記事で登場した「テストステロン」「ジヒドロテストステロン」「5αリダクターゼ」「フィナステリド」等についても専門記事を書かせていただいておりますので、こちらも興味のある方は一読くださればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*